秋や冬になると空気が乾燥して来る。乾燥肌のこちらには恐ろしい時季だ。
昼前洗顔してメーク水やクリームを塗っても、1間隔たてばもっと全く潤いが蒸発してしまう。オイルを塗ってもこういう環境。

内部に置いて起こる湿度総計を見ると、30パーセントのことも多々あります。
乾燥した空気をようやくしようと、加湿入れ物を買いました。でも、1机だけでは幅広いリビングをまかないきれません。

昔はストーブの上にやかんを置いておくとそれだけで保湿になったのですが、今ではストーブはありません。そこでポットにお湯を入れて、ふたを開けて置きました。そうなると2パーセントほど湿度がのぼりました。でも空気は乾燥してある。

次に、洗濯一品室内に乾かすことにしました。曇りの太陽や雨量の太陽はとにかく洗濯一品が乾かないので、ちょうど良いのです。
また、お風呂の残余湯は貯めておいたままにして、お風呂の玄関を開けっ放しにすることにしました。

そうして表皮が乾燥してくると、唇の皮も捲れるのでマスクをすることにしました。マスクをするだけで自分の呼吸で保湿ができます。唇の皮だけでなくほうれい線答えにもなります。

マスクはかなりベターだったので、就寝中も附けることにしました。喉も潤うので流感のプロテクトにもなります。一石二鳥ですね。

最後に、暖房をつけるといった一層ホールが乾燥してしまうので、こたつを使うことにしました。こたつは冷え性のこちらにはぴったりです。足元からぽかぽかって温めてくれるので血行も良くなります。血が訪ねると表皮の乾燥答えにもなるそうです。

このようにメーク水やクリームなどのスキンケアだけでなく、あれこれと乾燥肌のための答えをとっています。これで年々やはり乾燥する秋冬を乗り切ってある。http://www.sinaproducts.com/